ホーム > バイナリーオプションで稼ぐ > バイナリーオプションのテクニカル分析

バイナリーオプションのテクニカル分析

バイナリーオプションのテクニカル分析

テクニカル分析を攻略する

テクニカル分析という言葉をご存じでしょうか。

FXをやったことがある方ならご存知かもしれませんが、知らない方にご説明します。

テクニカル分析について

テクニカル分析とは、ローソク足チャートなどを見て過去の結果から今度どのように値動きするかを予測する。ということです。
ローソク足とは一定期間内における始値、終値、高値、安値を表しているグラフのことでローソク足を分析することにより勝率を上げる手助けとなります。

特にバイナリーオプションでは株やFXよりも最短60秒~長くても数十後の予測をたてすぐに結果がわかるメリットを持っています。

したがって過去の傾向などを分析し、勝率を上げて行くことは非常に重要です。

例えば中長期的には1ドル100円前後だったとしても短いスパン(一日、一時間、一分、一秒)で見てみると、少なからず100円よりも高かったり安かったりすることもあります。

このテクニカル分析で直近のトレンドを分析することで予測が見えてきますので、知らない方は参考にして下さい。

初心者向き!陽線と陰線の割合

初心者向きのローソク足の見方があります。陽線と陰線の割合を見て予想するというものです。
例えばはじめた期間の中で、購入する1時間前の30分のローソク足をみてみると、30分足なのでローソクの合計は10本で、10本の中に陽線と陰線が何本あるか調べます。

これを参考に今の流れを予想します。

5時間前の動きと今の動きが絶対に一致するとは限りませんが、 確率的には半分以上になると思います。

30分のローソク足だけではなく、同じ方法で10分、5分と見て行けば、より短期間での傾向が見えてきます。

またこのローソクを使った攻略法の種類は様々なものがありますのでご紹介します。

ローソク攻略の種類

『三羽鳥』
【陰線】が3本出現することがあります。三羽烏が高値圏に出現した時は下降トレンドのはじまる傾向が強いです。

『赤三兵』
【陽線】が3本出現することがあります。赤三兵が安値圏に出現した時は上昇トレンドのはじまる傾向が強いです。

『足長同時線』
始値と終値が同じ価格のローソク足のことをいいます。足長同時線は安値圏に出現した時は下降トレンドから上昇トレンドへの転換点となる傾向が強く、高値圏に出現した時は上降トレンドから下昇トレンドへの転換点となる傾向が強いです。

『つつみ線』
ローソク足が1つ前のローソク足の範囲内にとどまることをいいます。つつみ線が出現すると相場は反転する傾向が強いです。

などがあります。

このローソク足をマスターすることで勝率アップのポイントです。


FXバイナリーオプション ブログランキングへ

バイナリーオプション業者ランキング

ソニックオプション

SONIC OPTION(ソニックオプション)
トレーダーや投資家に話題になっているソニックオプション
取引もシンプルでスピーディーなのが魅力で今後ますます盛り上がりを見せる海外業者です。
無料口座開設はこちら

バイオプ

バイオプ(Bi-Op)
ローリスクハイリターンを注目業者「バイオプ(Bi-Op)」
脅威の高いペイアウト率を誇る初心者向けのバイナリーオプション業者です!
低コストと高利益をあげたいなら間違いなくここです!
無料口座開設はこちら

BOBOX

ミリオネアオプション(millionaire option)
最新サービスが常に提供されているミリオネアオプション
初心者はもちろんのこと中級者・上級者にも人気が高い海外業者です。
スマートフォンやタブレットからの取引も人気が高くオススメです。
無料口座開設はこちら